FC2ブログ

「夢違」 恩田陸

前にも書きましたが、私は本屋で平置きになっている本しか読みません。

そして、そういう本を読み続けていくうちに何人か好きな作家が
できて、その作家が新刊を出したら買って読むというのもある。

特に好きなのは桐野夏生、深町秋生、馳星周、逢坂剛・・・

いきなり恩田陸↓
NEC_0335.jpg

恩田陸は「夜のピクニック」しか読んだことない。
上記4人の作家とは作風が違う。
「夜の・・・」は好きだけど、好きな作家ではない。

でもこの「夢違」はすごい。ずーっと引き込まれっ放し。
この本を読んでいる間、この本の世界に没入してしまう。

私は基本的に本は通勤の電車の中でしか読まないのだが
必ずipodで音楽を聴きながら読んでいる。

「夢違」を読んでいるときはYUIの「How crazy your love」を
よく聴いていたのだが、たまにYUIを聴くと今でも「夢違」の
世界を思い出してしまう。

本の世界(ワールド)に没入するほど引き込まれたのは
最近はこの本以外にない。
もう文庫になっているけど貴志祐介の「新世界より」
以来かな・・・

当ブログで紹介する本は、自分で買って、読んで、面白いと
思った本だけ。

おすすめです。

夢違夢違
(2011/11/11)
恩田 陸

商品詳細を見る

スポンサーサイト



テーマ : オススメの本 - ジャンル : 本・雑誌

COMMENTS

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

No title

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「夢違」恩田陸

「何かが教室に侵入してきた」。学校で頻発する、集団白昼夢。夢が記録されデータ化される時代、「夢判断」を手がける浩章のもとに、夢の解析依頼が入る。悪夢は現実化するのか? 戦慄と驚愕の幻視サスペンス。 夢を映像として記録し、デジタル化した「夢札」。夢を解析する「夢判断」を職業とする浩章は、亡くなったはずの女の影に悩まされていた。予知夢を見る女、結衣子。俺は幽霊を視ているのだろうか?そんな折、...