FC2ブログ

第36回亜細亜大学少年剣道大会

2011年10月30日、亜細亜大学にて亜細亜大学少年剣道大会
に参加してきました。
NEC_0149_20111031230906.jpg


当剣友会は、2回戦で優勝候補の昭島中央と当たり、3-0で負けました。

結果はコチラ

この大会はレベルが高い。また無茶苦茶な数の試合数なので審判の方々の
苦労を思うと頭が下がります。

NEC_0151_20111031230905.jpg



スポンサーサイト



テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

宅建 平成23年の問42

問42の正解が2つあるという。
1と4だ。

ちなみに自分は4とした。

多くの学校の解答は1だ。梶原塾だけは4。

梶原の言い分も納得。

どっちが正解なのかは置いておいて、多くの受験生の気持ちは

「両方正解にしろ」

でしょう。特に点数がボーダーライン上でこの設問の正解で+1か-1かで
合否が決まるような人には切実な問題でしょう。

ここで梶原塾が1人(1社?)、正解は「4」だと言い張っていることに価値が
出てくる。

(宅建の人A)「この設問は正解が1のつもりで作ったんですよ」
(宅建の人B)「バカ。ネット見てみろ。1か4かで論争起きてんぞ」
(宅建の人A)「でも大手資格学校の解答見るとみんな1にしてるし、1でいんじゃないスか」
(宅建の人B)「バカヤロー。梶原塾が4て言い張っててしかも一理あんぞ」
(宅建の人A)「あ、ほんとスね。なんか正解1にしたら暴動起きそうスね」
(宅建の人B)「抗議電話とかいやだなぁ」
(宅建の人A)「じゃ正解は1と4にしますか」
(宅建の人A)「それがいいね。そうしよう。」


テーマ : 資格 - ジャンル : 学校・教育

大勝軒 銀座INZ店

食べかけですいません。
あまりおいしそうじゃないね↓
NEC_0141_20111028222942.jpg

大勝軒です。池袋のつけ麺の方ではありません(そっちも好きですが)。

高校生の頃、埼玉の学校に通っていた私は、東武伊勢崎線一の割駅近くの
ラーメン屋に部活帰りに通っていました。
そのラーメン屋はやたら量が多くてでも独特の香りがして苦手だという
友達もいましたが私は好きでよく行ってました。
その店が大勝軒。今もあるのかな・・・あの辺鄙な駅前に。

んで大学に進学したら、またその近くに大勝軒の本店がありまして、
並んでよく食べました。

そして今職場の近くの銀座INZに大勝軒が・・・

私の行く先々で大勝軒が食べられる。

これはまさに私のソウルフードとなりつつある。


テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

インコのヒナ ますます大きくなる

こりゃもう立派なインコやん
NEC_0145_20111028222512.jpg


すごいスピードで大きくなるのね。
NEC_0144.jpg

今人間に慣らすため、エサを与えています。
そうすると、人間に攻撃的にならず、自分も人間だと思って
なつくそうです。

テーマ : 小鳥大好き - ジャンル : ペット

ワイルドスピード MEGAMAX

ワイルドスピード MEGAMAX

見てきました。

最近の個人的な傾向として、アメリカで興行成績が3億ドルを超えないと
洋画は見ない気がする・・・・

映画って稼ぎ方を4つに大別すると、

①封切りで稼ぐ
②レンタル、セルで稼ぐ
③上記2つで稼ぐ
④商品(グッズ)で稼ぐ

③が理想ですが、①は文芸作に多いのかな。
②はホラーやアクションに多いか。
④はピカチュウやドラえもんのようなキャラがないと厳しい

友達のビデオ業者は、レンタルで回転率がいいものは、

●車
●女
●マッチョ
●ヤクザ(ドンパチ)

と言っておりました。

ワイルドスピード、バッチリあてはまります(ヤクザは出ないけどドンパチあり)。

しかも封切りでバカ当たりして、レンタルでも高回転。こんな割のいい映画が
かつてあっただろうか。

マーケティングの勝利。恐れ入りました。
ここまで徹底すればヒットしますね。





テーマ : 最近見た映画 - ジャンル : 映画

宅建は独学か

宅建の話ばかりですいません。
忘れないうちに記録しておこうと思いまして。

宅建受験を決意したのは41歳のとき(今年の3月)。
ちなみに宅建合格者の平均年齢は大体33歳。

20代なら独学したかもしれない。

でも40代の今は、

●記憶力の低下
●勉強意欲(集中力)の低下
●勉強時間確保が難しい

と三拍子揃っていたので迷わず学校へ。
会社で受講料を4割負担してくれたのも追い風。

強制的に勉強させられて、ペースメーカーになってもらって、
同じ境遇の社会人と刺激し合って、みたいな。
また、覚えればよい情報だけインプットして、無駄な知識は
捨てる(記憶容量の問題)。このノウハウは学校に行かなきゃ
教えてもらえないだろうと。

TACは、メインの講座は週2回なのだが、仕事上週2回は無理だと思い
週1回の講座にしました。3月末から本試験までの約7カ月の講座(週1本科生)です。

1回2時間半の講座。案の定、テキストの太字の重要個所でもバンバン切り捨てて
行きました。最低限これは覚える、余裕があったらここも覚える、的な授業でした。
またテキストと別に、民法、業法、法令、その他関連知識ごとに過去問を網羅した
問題集があるのですがこれがうまくまとまっていて活用できる。
本試験10日前くらいに総ざらいして実力がついたかなと思っています。

あと担当になった講師の方が手作りレジュメをくれるのですが、これが秀逸。
これを貰うだけでも行く価値がありました。これは講師によって作成してくれる人もいれば
そうでない人もいるのでしょうが、要点がうまくまとまっていて、これ、出版したら
儲かるんじゃないかと思うくらい。

ひょっとしたら講師も当たり外れがあるのかな。

TACは合格すると合格者の祝賀パーティがあるそうですが、そういうのは
行く柄じゃないんだけど、その担当講師の方には是非お礼を申し上げたいがために
(合格したら)出席しようかと思っています。










テーマ : 資格 - ジャンル : 学校・教育

宅建の模試雑感

TACの全国模試。

結果が郵送されてきたのは試験本番の2日前。
ま、試験日に解答と解説が配布されたので、間違ったところは
復習等々できたのでまったく問題ないのですが、試験2日前に
自分がどのくらいの位置にいるのか把握して、合否判定が出ても
あまり意味無いような・・・
私は試験2日前に不合格判定が出たら嫌なので、結局中は見ませんでした。
本試験が終わって家に帰って模試の結果を見ました(意味なし)。


LECの「出る順宅建 直前大予想模試」。模試は結果をネットで報告すると
判定や、順位が出る仕組み。
でもなぜか合格ラインが高過ぎ。38点出してもダメでした。精度に疑問が
残りました。

LECは全体的にひねった問題が多かったし、ひっかけや難しい
法律用語、わざと抽象的な聞き方をしてきたりといやらしい印象です。

でも解説には「こういういやらしいひっかけがあるので注意」みたいな
ことが書いてあり、そういうもんかーと思いながら解いていました。

でもどの模試も本試験に比べやや難しい印象。お陰で本試験は解きやすかった
印象です。

だから模試の点数が悪くても、間違ったところをちゃんと復習すれば
問題ないので、一喜一憂する必要はないと思います。


テーマ : 資格 - ジャンル : 学校・教育

羽も生えてきた

生まれて2週間くらいでしょうか。

もううっすら羽が生えてきています。




本当に成長が早いんだなぁ。

卵は4個あって、3個はかえったのですが、1個かえってません。
この1個はもうダメなのかな。

ちょっと残念。

テーマ : 小鳥大好き - ジャンル : ペット

今日の昼食

宅建試験で忙しくて、コンビニのサンドイッチやおにぎり、
外食で済ませてきたのでまともなもの食べてなかった。

ということで久々に自分で作ってみた。


卵は先日ゴルフでもらったゴマちゃん卵。

キャベツと玉ねぎを炒めて、ハム焼いて卵乗っけただけ。

でも旨いっ!!

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

平成23年宅建試験 自己採点してみた。

平成23年の宅建試験を自己採点したら、

41点でした。

合格したかもしれん。マークミスとかなければ。
大手資格学校の合格ラインも33点から36点。

でも11月30日の合格発表まではわからない。
私は心配症なので、なんか安心出来ない。
あと1カ月以上もこんな宙ぶらりんな感じなのか・・・
いやだ・・・

宅建試験直前にはTACの直前答練を4回
全国模試を1回
LECの「出る順宅建 直前大予想模試(4回のうち3回)」
計7回模試をこなしました。

結果は、TACの直前答練は、34点、38点、40点、34点。
全国模試は36点(A判定でした)。
LECの出る順は4回分の模試があったのですが時間がなくて3回目
までしかできず、38点、31点、42点

こうみると、結構ばらつきがありました。コンスタントにいい点を
とっていたわけではありません。特にLECの2回目で31点だった時は
焦りました。民法がぜんぜんできていなかった。3週間前くらいでした。
また5点免除の分野もできていなかった。
統計なんてざっくり、昨年より減ったのは土地取引件数、宅建業者数、
増加したのは経常利益、営業利益・・・くらいの知識しかなく焦って
10日前くらいから、みやざき先生の宅建ブログで勉強しました。
このブログは本当に有益です。

民法は1週間前に、TACの教材の民法問題集を1日半かけて総解答したのが
良かったです。契約解除と取り消とかの知識がごっちゃに混ざり合っていたのが
頭の中でまとまりました。

模試は9月下旬から始まったので、本番試験3週間前くらいは合格する
実力は私の場合ついていなかったことになります。
でも本番2週間前から1週間前に集中的に勉強することで30点台半ば~後半、
40点代も出るようになってきたわけです。

講師の先生も試験は最後の1週間が勝負なので絶対あきらめないで、と
おっしゃっていました。その言葉を信じて良かった。







テーマ : 資格 - ジャンル : 学校・教育